インターンシップが内定に直結するかは、あなた次第です

この記事について

インターンシップは、参加先企業の業務について理解を深める貴重な機会であるとともに、採用担当者にあなたの魅力を伝える絶好の場でもあります。そのような場で、採用担当者に最大限あなたの魅力を伝えるためのテクニックをお伝えします。

SNSでシェアしよう!

目次

悲しいことに、インターンシップへの参加自体がゴールになってしまっている学生というものが存在します。
参加のための選考をくぐり抜けてきたにも関わらず、これはあまりにも勿体ない。

インターンシップは高評価を得れば採用担当者の評価がグンと上がる反面、適当に参加してしまうと「要らない人間」と判断されるリスクを孕んでいます。

本サイトでは、インターンシップでグッっと内定に近づくためのテクニックをご紹介しています。

プレゼンテーション

インターンシップのプログラムにプレゼンテーションがあったらチャンスだと思ってください。
大学生の大半がプレゼンテーションを苦手としているため、ここで大きな差をつけることができます。

– 画像をクリックして各記事をご覧いただけます –





ディスカッション

 

インターンシップ中

インターンシップでのディスカッションでは、しばしば企業理解を深めるべく仮想事例を用いた新規事業立案などを行うことがあります。
その際、フレームワークを用いて情報を整理することで、質の高いアイディアを出すことが可能です。

代表的なフレームワークに「3C分析」「SWOT分析」「PEST分析」などがあります。
これらについて、各個記事を公開しています。

 

選考過程

選考過程のグループディスカッションでは、結論よりも「どのようにチームに貢献したか?」というところを重点的に見られています。
チームに貢献するためにはメンバーの個性を知ることが必要不可欠であり、そのために「控室から勝負は始まっている」ということを主張します。
このことについて、下記記事で詳細を記載しています。