【練習問題】玉手箱の「空欄推測」は数をこなして対策しよう!Vol.1

この記事について

適性検査サービス「玉手箱」の計数分野で出題される、非常に難易度の高い試験が「空欄推測」です。空欄推測は、出題のクセを掴むためにも、問題の数をこなす学習が最適です。本記事では、実際の出題に基づくオリジナル練習問題をご用意しました。

SNSでシェアしよう!

目次

はじめに

玉手箱の非言語分野は、大きく分けて①四則演算②図表の読み取り③空欄推測の3種類の問題方式があります。
この中でも、群を抜いて難しいのは③の空欄推測です。
問題の出題パターンに論理性もクソもないので、出題のクセに慣れていないとまず解けません

空欄推測の出題形式に慣れ、高得点を取るためには問題の数をこなす以外に方法はありません
本サイトでは、継続的に空欄推測のオリジナル練習問題を公開し、皆さんが高得点を取る一助となれたらと思っています。

本記事は記念すべき第一回。
問題とともに解説も掲載しますので、ぜひ空欄推測に対する苦手意識を払拭していってください!

*問題はすべて実際の出題を改題しています。

問題1

問題

目標回答時間:40秒

次の表は、ある会社の5人の社員の給料についてまとめています。

図中のXに当てはまる数値を次の中から選びなさい。

  • 93000
  • 93500
  • 94000
  • 94500
  • 95000

解答

勤続年数に比例して時給が上がっていることに着目して、勤続年数が同じである社員BとFを比較します。

社員Bは17時までに(99-12)=87時間、時給900円で働いています。つまり、17時までに稼いだ金額は次の通りです。

900*(99-12)=900*87=78300

一方で17時以降には、
91500-78300=13200
13200円稼いでいます。17時以降の勤務時間は12時間だから、
13200/12=1100

勤続3年社員の17時以降の時給は1100円であることが分かり、Fの給料は、
900*(101-13)+1100*13=93500

答え:93500

問題2

問題

目標回答時間:30秒

ある駅の周辺地域の駐車場について、駐車料金を調査しています。

図中Xに当てはまる数値を次の中から選びなさい。

  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

解答

駐車料金と相関関係にあるデータがないか調べてみましょう。

その結果、A~D駐車場のうち駅から最も近いBの駐車料金が最も高く、最も遠いDの駐車料金が最も安いことが分かります。

徒歩所要時間と駐車料金が比例関係にあると仮定し、A、C、Dに着目すると、駅からの徒歩所要時間が1分伸びるごとに、駐車料金は2000円安くなっています。

したがって、E駐車場はD駐車場より1分駅からの徒歩所要時間が伸びるから、
11000 – 2000 = 9000円

単位は千円/月なので、答えは9(千円)となります。

答え:

問題3

問題

目標回答時間:40秒

ある会社では、設備投資によりコピー機を総入れ替えすることになりました。A~E支店にそれぞれどれだけコピー機が必要か見積もっています。

図中Xに当てはまる数値を次の中から選びなさい。

  • 108
  • 114
  • 118
  • 122
  • 125

解答

A支店とB支店は「社員数が同じ・部署数が異なる」という条件下でコピー機の必要数が異なっています。
そのため、部署数によって必要なコピー機の数が変動することがわかります。

部署数2つにつきコピー機必要数は4増加するため、部署1つにつきコピー機は2つ必要です。

コピー機必要数から部署ごとに必要なコピー機数をひくと、たとえばA支店は81-18=63となります。

これらをそれぞれ社員数で割ると、189/63=3。
社員3人につき、コピー機が1つ必要な計算になります。

他の支店で検算してみると、この法則が正しいことがわかるため、C支店のコピー機必要数は258/3 + 14*2 = 114であることが分かります。

答え:114

問題4

問題

目標回答時間:20秒

次の画像は、ある企業の営業業績を表にしたものです。

図中Xに当てはまる数値を次の中から選びなさい。

  • 273
  • 276
  • 279
  • 284
  • 289

解答

訪問件数に比例して、契約件数が伸びていることに着目します。

訪問件数中の成約率を計算すると、次のようになります。

  • 2015年:約38.69%
  • 2016年:約38.66%
  • 2017年:約38.60%
  • 2018年:約38.72%

およそ38.7%で推移していることがわかります。

2019年度も同様と仮定すると、

723*0.387=279.801

よって、279件が正解となります。

答え:279

玉手箱の練習問題をもっと解く!

当サイトでは、他にも適性検査の練習問題を多数ご用意しています。
適性検査で足切りを食らってしまうのはあまりにももったいないため、しっかり対策して確実に通過しましょう!

↓ Vol.2はこちら ↓

関連記事関連記事【練習問題】玉手箱の「空欄推測」は数をこなして対策しよう!Vol.2読む